世界のレコード展。

d0342449_01143753.jpg
d0342449_01144136.jpg
d0342449_01150482.jpg
d0342449_01153560.jpg
世界のレコード展です。iphone撮り。
篠山紀信さんのジョンレノンと、ヨーコオノの写真が好きです。
レコードってこのアナログな感じがとてもよい。
重みを感じるわぁ。

重みと言えば、先日伺ったキャノンギャラリーの写真展も重厚感があった。

私の写真のトーンは、きっとハイキーではない。
ローキーすぎない、ちょっとリアルなトーン。
そして、プリントするなら、全紙。小さくても半切。
出来ることなら、もっと大きなプリントに挑戦してみたい。

訴えかけてくるものが違う。
うるまさんの写真展の時も、そう思った。
MAGさんを入った瞬間に飛び込んできた、大きなポートレートが
ガーンと、目に入った。
まず、そこで感動に震え、釘づけになってしまった。

それは、絵も同じ。
ルーブル美術館で、等身大のナポレオンの絵を見た時に
震えるほどに感動した。
もちろんどちらも大きなだけではなく、
とても魅力的な絵や写真であるのだけど。。。

実際に、100号の絵を描いていた私なので、20号以下の絵は描けない。
20号というのは、大体半切くらい。

ちなみにゴッホの夜のカフェテリアは、25号。
モナリザも同じくらいかな。
人に感動を与える picture の大きさというのは
ひょっとしたら、あるのかもしれないね。

[PR]
by FAPhotography | 2017-07-04 01:47


<< 沢山の虹の祝福。 一宿一飯の恩 >>