タマシイノヒトシズク

d0342449_22474538.jpg

今日は大好きなCaféで、ハワイ島に住んでおられる写真家さんのイベントがあるとのことで行ってきました。
深海と宇宙を感じる、癒しの音楽を聞いた後、写真のお話がありました。

d0342449_22475338.jpg
この方は、関西の出身ではあるけれど、中味はネイティブハワイアン。
自然と共に協調して生きておられ、環境汚染で命を失う生き物たちの代弁者として活動されています。
写真のお話も、撮り方ではなく、かなりスピリチュアルな体験のお話し。
素潜りで、かなり深いところまで潜り、海の生き物たちと、心で話をする。
サメに出会った時も、クジラに出会った時も、心で畏敬の念を伝え、挨拶をすると、
だんだんと、相手の態度が緩和され、道を開けてくれたりするらしいのです。
d0342449_22475666.jpg
高砂純二さんと同じで、かなりスピリチュアルな感性を持つ方なんだなぁと、思いました。
ホワイトレインボーを写した写真も入っていました。
タマシイノヒトシズクとは、自分自身の事でもあり、ヒトシズクが大きな海につながっていく。
自然に対するアクションを、ヒトシズクから、始めることの大切さ。

昨日何気なく水の大切さをお花を撮りながら感じていて、タマシイノヒトシズクのお話とシンクロしました。
私も、きっと、次世代の人たちに、何かを伝えていなかなくてはいけない。
写真とはテクニックで撮るのではなく、魂で撮るのではないだろうか。ふとそんな風に思いました。

撮りたいものも自然と変わってきましたが、そんな心の変化を、喜んで受け入れたいとそう思います。
 Mahalo056.gif




[PR]
by FAPhotography | 2016-03-08 10:33


<< Eustoma grandif... pearl >>